脳にご褒美をあげると

ドーパミンが出てさらにやる気が出る

 

 

 

 

達成のお祝いは盛大にして、自分にご褒美をあげてください。

 

 

例えば、プロ野球で優勝したチームはビールかけというのをやりますよね。

 

あれはわかってやっているのかはわかりませんが、
とても利にかなった方法なんですね。

 

ああやって目標達成できたときに、
たくさんの人と一緒に派手にお祝いをすることで、
脳は、また来年もこれをやりたいとドーパミンをたくさん出し、
新たに頑張ることができるのです。

 

 

それ以外の普段の些細な事でも、
「今日は家中の大掃除をするぞ」と決めますよね。⇒目標設定

 

そして全て完了したら、
普段は食べないような美味しいスイーツを買って食べるのです。⇒ご褒美

 

 

 

これによって、脳は無意識で頑張って大掃除したら、
あの美味しいスイーツが食べられると記憶するので、
大掃除を楽しくできるようになります。

 

これのポイントは、普段は食べないような貴重な物にすることです。

 

普段から食べているものでは、脳は反応しませんからね。

 

 

あのメジャーリーガーのイチロー選手は、
大きな記録を達成したら自分に高級腕時計を買うそうです。

 

そうすることで、さらに頑張ろうと脳に刺激を与えているのです。

 

ああいった一流の人たちは、
ドーパミンをうまく利用しているのがよくわかります。

 

イチロー選手があそこまで頑張れるのには、
そういった工夫があったからなのです。

 

 

あなたも些細なことでもかまいませんので、
何かを達成したときは、そうやって自分にご褒美をあげてください。

 

そうやって脳をコントロールして、やる気をコントロール出来るようになれば、
大抵のことは実現できるようになりますよ。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

目標を達成したら脳にご褒美をあげてやる気(モチベーション)アップ関連ページ

幸せはあなたの脳から出てくるドーパミンが決める
セルフコントロールが目標を達成する為には、必ず必要です。自己コントロールできるようになる為にも、意志力を科学的に理解して、強くすることが重要になります。
やる気を引き出すドーパミンの強化サイクル
やる気やモチベーションは、脳のある部分が刺激され、ドーパミンが出ることで引き起こされます。どのドーパミンには、あるサイクルが存在するのです。
明確な目標がドーパミンを分泌させ成功へのモチベーションを高める
明確な目標を作ることがドーパミンを分泌させ、その目標に向かって進んでいくモチベーションを高めてくれるのです。
あなたのやる気のガソリンになるドーパミンを補給する
目標を達成するような人は、ドーパミンが溢れていて、なおそのドーパミンを維持できるように管理しているのです。まさにガソリンを補給するようにです。
ドーパミンは楽しむことでノルアドレナリンは苦しむことで分泌する
やる気ホルモンと言われるドーパミンは楽しむことで分泌されるのです。人生を楽しみながら、モチベーションも高めてくれる最高の物質がドーパミンなのです。
ドーパミンを切らさずに出し続ける為に常に新しい目標を立てる
目標を達成した時に、新たな目標を作ることが、燃え尽き症候群の防止になります。ドーパミン出し続けるためには、目標のアップデートが必要なのです。
目標達成のプロセスを繰り返すことでモチベーションが継続する
目標達成のプロセスを繰り返すことで、ドーパミンを出し続けることができます。すると、あなたのやる気は永遠と継続するのです。
やる気・集中力・記憶力はドーパミンによって強化される
私たち人間の脳は何かを達成するたびにどんどん強くなります。ドーパミンによって強化されていくのです。やる気・集中力・記憶力は全てドーパミンによって強化されるのです。
やる気は褒められることで湧きでてくる
モチベーションとは、褒められることでドーパミンが湧きでてくることによって引き起こされます。。勉強のできない子供は、「ドーパミンの強化サイクル」が機能していないのです。
ドーパミンは苦労の末乗り越えると大量に放出される
私たち人間の脳というのは、簡単にできることをやり続けても喜びません。苦労の末、乗り越えてやり遂げると、ドーパミンが溢れてくるのです。
やりたくない仕事をドーパミンの操作でやりたい仕事に変える
仕事をしていれば、特に会社に勤めていれば、やりたくない仕事でもやらないとダメな時は多くあると思います。そんなとき、ドーパミンをコントロールして、やりたいことに変えるのです。
適度な目標がドーパミンを分泌させる
ドーパミンを分泌するうえで、目標設定は極めて重要です。ただ、簡単過ぎる目標でも、難し過ぎる目標でも、うまく出すことができません。バランスのとれた適度な目標が必要なのです。
脳は常に苦しい刺激を求めている
物事をおこなうときに、単にやるのではなく、時間的なプレッシャーをあえて作ることで、脳の力はどんどん高まってきます。
ドーパミンを理解することでモチベーションをコントロールできる
やる気ホルモンと言われる「ドーパミン」をコントロールすることで、やる気とかモチベーションをコントロールすることができるようになります。

トップメニュー 脳科学とビジネスを学ぶ アドレナリンとは? 脳から変えるダイエット 古本転売で会社を辞めました