モチベーションを高める4種類のエネルギー(情動面)

スポンサードリンク

 

 

あなたのパフォーマンスの質を決める情動面

 

 

 

肉体的なエネルギーは情動が力を発揮するための燃料となる。

 

 

 

 

最高のパフォーマンスを発揮するには、
ポジティブで快適な気持ちを持たなくてはならない。

 

 

 

ポジティブで快適な気持ちとは、

 

楽しむ気持ち
挑戦する気持ち
冒険する気持ち
よい機会だと思う気持ち

 

などのことである。

 

 

恐怖、イライラ、怒り、悲しみなどの感情は、
コルチゾールなどのストレスホルモンを放出させ、
あなたのパフォーマンスの質を悪くします。

 

 

ポジティブな感情を動かす鍵となる筋肉の役割をするものは、

 

自信
自制心(自己管理能力)
社会的能力(他人との関係)
共感能力

 

などです。

 

 

それらを支える補助的な筋肉となるものが、
忍耐力、開放力、信頼、楽しむ気持ちなどである。

 

 

 

情動の筋肉を日頃からうまく動かし、
ベストなパフォーマンスを発揮できるかは、
これらの筋肉の役割をするものを日頃から動かし、
定期的に回復させるというバランスを
うまく作り出せているかにかかっている。

 

 

上腕二頭筋を酷使すると疲れてしまうのと同じように、情動のエネルギーも回復の機会を作らずに使い続けていると弱り切ってしまう。

 

情動の筋肉が弱っていたりストレスに耐えられない状態なら、自信を喪失してるとか、少しのことでも我慢できなくなっているはずである。

 

 

 

そんな場合は・・・。

 

 

現在のエネルギー容量を超えるエクササイズを行った後、
回復の機会を持つという「儀式」を行い、
計画的に情動のエネルギーを大きくしていく必要があるのです。

 

現在のあなたの情動面のエネルギー状態はどうですか?

 

まずは、自分のエネルギーを認識して、
エネルギーを大きくすることができれば、
あなたのビジネスも大きく飛躍していくことでしょう。

 

 

 

 

ビジネスに使える「心理学・脳科学教室」

〜身につければ人生が変わります〜

 

 

仕事をロールプレイングゲームのように楽しむ方法は?
AKB総選挙で起きたバンドワゴン効果とは?
脳科学と心理学が人生に役立つ理由とは?
エヴァンゲリオンと「ドーパミン」の関係とは?
ジャパネットたかたにみる「オマケ・無料効果」とは?
ドーパミンの過剰な分泌が「依存症」になる理由とは?

 

本講座は全10回が全て無料で受講できるようになっています
講座を受講しても解除はいつでもできるようになっています

 

 

 

モチベーションを高める4種類のエネルギー(情動面)記事一覧

肉体面のエネルギーと情動面のエネルギーの関係

肉体面のエネルギーと情動面のエネルギーの関係まずは、この図を見て下さい。この図のエネルギーのハイとロ−が肉体面のエネルギーを表していて、ポジティブとネガティブが情動面のエネルギーを表しています。4つのエネルギーのうち、この2つが私たちの基本となり、複雑に結びついているのです。例えば、肉体的なエネルギ...

≫続きを読む

慢性的な落ち込みはアルツハイマー病になる確率を2倍にする

ネガティブな情動が病気を引き起こす情動面のエネルギーがネガティブな状態になると、アルツハイマー病になる可能性が2倍になる、という複数の研究結果があります。それとは、別にネガティブな感情が病気を引き起こすということを科学的に証明したのが、疫学者のデービッド・スノードンという人で。ノートルダム修道院の年...

≫続きを読む

怒りというネガティブな情動が与える影響

「怒り」というネガティブな情動ネガティブな情動がパフォーマンスにマイナスな影響を与えるということは、スポーツではよくあることです。世界的に有名なテニス選手である、ジョン・マッケンローとジミー・コナーズを比較してみることにします。       マッケンローは「悪童」と言われ、自分がミスを犯したり、線審...

≫続きを読む

直属の上司との関係があなたのモチベーションを決める

ポジティブなエネルギーを与える重要性あるデータで、経営者と従業員を対象に、大規模な面接調査を行った結果、従業員の生産性に一番大きく影響するのは、直属の上司との関係である、ということがわかった。もう少し明確に言うと、従業員の生産性を決めているのは、「上司または同僚から好かれていると感じているかどうか」...

≫続きを読む

楽しむことで情動のエネルギーを補給する

楽しむことで情動のエネルギーが回復するポジティブなエネルギーを取り戻す為に、単純に気分を変えるのも効果的だ。純粋に楽しんで、気持ちを一新できるような活動に、あなたは1週間のうちで何時間割いているだろうか?心からくつろぐことができる時間は、生活の中でどれぐらいの割合を占めているだろうか?何もかも忘れて...

≫続きを読む

意思決定を作用する情動とは何?

情動と感情の違い私たちの意思決定に影響を与えるのが情動です。これまでも情動について話してきました。では、情動って何なんだ?って思われますよね。ある人は、情動と感情は同じものだと考える人もいます。情動研究で著名な神経学者であるアントニオ・R・ダマシオという人が提唱する、情動と感情の違いについて説明しま...

≫続きを読む

脳の中で情動から感情へ変化する流れの具体例

情報→無意識の情動→意識的な感情前回の、情動と感情の違いを説明しました。情動と感情の違い少し、難しかったかもしれませんので、本日は、具体的な例を出して説明しますね。例えば、道を歩いていて、大きな蛇を見つけたとします。ここで、「気持ちわるい」とか「怖い」という感情が出てくると思いますが、その感情が表面...

≫続きを読む

モチベーション管理には欠かせない人間関係の力

人間関係の力の重要性情動のエネルギーの消費と回復のバランスをリズミカルに保つことは、肉体的なエネルギーの管理に比べて難しい。しかし、実力をフルに発揮して、最高のパフォーマンスをおこなうには、肉体面の管理とともに、情動面の管理も欠かせない。例えば、健全な友情のやりとりがあるとき、それはポジティブなエネ...

≫続きを読む

最高のパフォーマンスはみなぎる自信から生まれる

ポジティブなエネルギーを作り出す儀式実力100%発揮し、すぐれた業績をあげる為の大きな障害は、自分に自信が持てないことだろう。自信が持てないことが原因でモチベーションが保てない。人は、ほんの些細なことやコンプレックスが原因で自信を喪失するが、ポジティブなエネルギーを作り出す儀式を設定すれば、自信を取...

≫続きを読む

コミュニケーションスキルアップで共感という筋肉を鍛える

共感という筋肉を鍛える高いモチベーションを保つ為に、仕事でも、プライベートにおいても、周りの人との人間関係が良好であるかどうかは、大切なポイントである。特に、仕事に対する能力が高い人にありがちなのだが、ワンマンで、まわりのことをあまり考えずに暴走ぎみに目標に向かってしまうことがある。すると、そういっ...

≫続きを読む

忍耐力という筋肉を鍛えてパフォーマンスを高める

忍耐力という筋肉を鍛える情動面のエネルギーが不足してくると、感情がネガティブな状態になってしまう。その状態の1つに、「いつもイライラし怒っている」「短気で批判的」という状態がある。これは、明らかに忍耐力という筋肉が弱い人に起きる衝動なのです。怒りや批判的な言葉や態度を表に出していて、周りとのコミュニ...

≫続きを読む

相反する情動を受け入れる引き出しを持つ

相反する感情を受け入れる引き出しを持つ人の情動の奥行きを一番表すのは、相反する引き出しをどれだけ持っているかで決まるのです。正反対の衝動を受け入れるのは、なかなかできないものである。よって人はある気持ちを高く評価する一方、その反対の気持ちを無視したり、さげすんだりする傾向がある。例えば、強さを過大評...

≫続きを読む

スポンサードリンク