モチベーションアップの為の肉体面のエネルギー管理

スポンサードリンク

肉体面のエネルギー回復には水を飲め

 

これまでも、私たちが最高のモチベーションをキープし続けるには、
エネルギー状態を管理し、その消費と回復のバランスが重要だと、
何度も繰り返し話してきました。

 

その最も基本となる、肉体的なエネルギーの回復プロセスにおいて、
最も軽視されていると思われるのが、水を飲むことです。

 

空腹と違い、喉が乾くということは、かなりの危険信号。

 

喉に乾きを感じたときには、水分不足になってから、
すでに相当な時間が経っている可能性が高いのです。

 

ある研究によると、1日に最低2リットルの水を間隔をおいて飲むと、
パフォーマンス向上に様々な面で効果があるというのです。

 

筋肉から水分をたったの3%取り除いただけで、
筋肉の10%、動く速度の8%が失われ。

 

水分バランスが悪いと、
集中力や筋肉の動きにも悪影響が出ます。

 

水を飲むということは、健康長寿にも効果があるのも事実です。

 

一方、コーヒーやカフェイン入りの炭酸飲料は、
糖分の摂り過ぎが身体に悪いのは周知の事実であり、
カフェインにも利尿効果があるので、
結果的には、体外に水分が出ていくことになってしまい疲れを増してしまうのです。

 

 

大切なことは、喉が渇いたから水を飲むのではなく、
意識して、定期的に水分補給をすることです。

 

是非、あなたの毎日の習慣に取り入れて下さい。

 

 

ビジネスに使える「心理学・脳科学教室」

〜身につければ人生が変わります〜

 

 

仕事をロールプレイングゲームのように楽しむ方法は?
AKB総選挙で起きたバンドワゴン効果とは?
脳科学と心理学が人生に役立つ理由とは?
エヴァンゲリオンと「ドーパミン」の関係とは?
ジャパネットたかたにみる「オマケ・無料効果」とは?
ドーパミンの過剰な分泌が「依存症」になる理由とは?

 

本講座は全10回が全て無料で受講できるようになっています
講座を受講してもメールの解除はいつでもできるようになっています

 

 


スポンサードリンク

肉体面のエネルギーの回復には意識的に水を飲め関連ページ

もっとも基本になる肉体面のエネルギー
モチベーションを維持する為に、労働者に限らず、デスクワークの人でも、最も基本となるのは、肉体面のエネルギーなのです。
肉体のエネルギーを貯蔵するための要素
モチベーションを維持する為に、肉体面のエネルギーを貯蔵する必要があります。それには、様々な要素が絡み合ってくるのです。
呼吸を学んでモチベーションアップ
モチベーションを高め安定させるために、呼吸をコントロールすることです。呼吸が、肉体面のエネルギーの基本になるからです。
適度な食事がモチベーションを継続させる
モチベーションを継続する為に、まず空腹は論外ですが、食べ過ぎもマイナスをもたらす。適度な食事量が大切なのです。
朝一番のモチベーションアップの秘訣は
朝一番、モチベーションを高めるには、まずは何かエネルギーに変わるものを食べることです。理想は、消化がよい果物などの果糖が理想的ですね。
肉体的なエネルギーを最大にするには空腹でも満腹でもダメなんです
肉体的なエネルギーを最大にして、モチベーションをキープするには、ローカロリーで栄養価の高い食事を1日に5〜6回摂るのが理想なのです。
空腹度チェック
モチベーションを維持する秘訣は、4種類のエネルギーにあります。その1つである肉体面のエネルギーは適度な食事の量が大切なのです。
肉体面のエネルギーを最大化する食生活
モチベーションを維持する秘訣は、4種類のエネルギーにあります。その1つである肉体面のエネルギーのポイントは食事の摂り方にあります。
80:20の法則で改善する食生活
モチベーションを高い状態でキープするには、食生活というのは非常に重要です。ただ完璧を目指すのではなく、80:20の法則で食生活を改善して下さい。
モチベーション維持の為の理想的な睡眠時間と死亡率の関係
モチベーションを維持する秘訣は、睡眠時間のとり方が大きく関係しています。しかも、睡眠時間は死亡率とも関係しているのです。
眠る時間帯によってモチベーションレベルは変化する
高いモチベーションをキープする為に、睡眠時間だけでなく、どの時間帯に眠るかも非常に大切な問題である。
4時間おきの「うたた寝」はモチベーションのキープにつながる
最高のパフォーマンスを発揮するには、エネルギーの消費と回復のバランスが重要です。4時間おきぐらいに「うたた寝」はモチベーションキープに役立ちます。