モチベーション維持の為のに理想的な睡眠時間と死亡率の関係

スポンサードリンク

睡眠が影響する肉体面のエネルギーレベル

 

 

食生活と呼吸に並んで、非常に重要なのが睡眠です。

 

睡眠は、体温・ホルモンレベル・心拍数などのサーカディアンリズムの中でも
私たちに人間にとって最も強力なものだといえます。

 

 

 

 

多くの人は睡眠というものを甘く考えているが、
睡眠不足はパフォーマンスに深刻な影響が与えるのです。

 

ちょっとした睡眠不足でも、体力や気分、全体的なエネルギーレベルに、
かなり大きな影響を与えています。

 

特に、頭脳を使う活動(反応時間、集中力、記憶力、論理的思考力)については、
睡眠不足がひどくなるにつれて、確実に落ちていくことが、
50件もの研究で明らかにされているのです。

 

 

実際、私自身もほんの少しの睡眠不足になるだけで、
毎日の仕事のパフォーマンスが落ちているのがはっきりとわかります。

 

そんな時は、軽く仮眠をとることでモチベーションが回復するのです。

 

 

必要な睡眠時間は年齢、性別、遺伝的傾向によって違いはあるのですが、
平均的な人の場合、心身のバランスのとれた最適なパフォーマンスを発揮する為に、
7〜8時間の睡眠がベストというのが科学者の一般的な見解です。

 

全く自然光に触れることなく、時計もない場所に隔離しても、
人間は、24時間につきほぼ7〜8時間の睡眠をとるということも、
確認されていることから考えて、ベストな時間であることは間違いないでしょう。

 

 

心理学者ダン・クリプケなどが6年間かけて、
100万人の睡眠パターンを調査した研究からは、衝撃的な結果が出ています。

 

 

様々な原因による死亡率を調べた結果、
ほとんど全ての原因において死亡率が低かったのは、
一晩に7〜8時間寝ている人だったのです。

 

睡眠時間が4時間未満の人は、死亡率が2.5倍に、
10時間以上寝ている人は1.5倍になった。

 

これらの結果から、回復の時間が少なすぎても多すぎても、
死の危険性が大きく上がるということがわかります。

 

ただ、どうしても睡眠時間が少なめの時は、
昼寝や仮眠をとることで、パフォーマンスは回復するし、
健康面においても良いと考えれると思います。

 

 

ビジネスに使える「心理学・脳科学教室」

〜身につければ人生が変わります〜

 

 

仕事をロールプレイングゲームのように楽しむ方法は?
AKB総選挙で起きたバンドワゴン効果とは?
脳科学と心理学が人生に役立つ理由とは?
エヴァンゲリオンと「ドーパミン」の関係とは?
ジャパネットたかたにみる「オマケ・無料効果」とは?
ドーパミンの過剰な分泌が「依存症」になる理由とは?

 

本講座は全10回が全て無料で受講できるようになっています
講座を受講してもメールの解除はいつでもできるようになっています

 

 


スポンサードリンク

モチベーション維持の為の理想的な睡眠時間と死亡率の関係関連ページ

もっとも基本になる肉体面のエネルギー
モチベーションを維持する為に、労働者に限らず、デスクワークの人でも、最も基本となるのは、肉体面のエネルギーなのです。
肉体のエネルギーを貯蔵するための要素
モチベーションを維持する為に、肉体面のエネルギーを貯蔵する必要があります。それには、様々な要素が絡み合ってくるのです。
呼吸を学んでモチベーションアップ
モチベーションを高め安定させるために、呼吸をコントロールすることです。呼吸が、肉体面のエネルギーの基本になるからです。
適度な食事がモチベーションを継続させる
モチベーションを継続する為に、まず空腹は論外ですが、食べ過ぎもマイナスをもたらす。適度な食事量が大切なのです。
朝一番のモチベーションアップの秘訣は
朝一番、モチベーションを高めるには、まずは何かエネルギーに変わるものを食べることです。理想は、消化がよい果物などの果糖が理想的ですね。
肉体的なエネルギーを最大にするには空腹でも満腹でもダメなんです
肉体的なエネルギーを最大にして、モチベーションをキープするには、ローカロリーで栄養価の高い食事を1日に5〜6回摂るのが理想なのです。
空腹度チェック
モチベーションを維持する秘訣は、4種類のエネルギーにあります。その1つである肉体面のエネルギーは適度な食事の量が大切なのです。
肉体面のエネルギーを最大化する食生活
モチベーションを維持する秘訣は、4種類のエネルギーにあります。その1つである肉体面のエネルギーのポイントは食事の摂り方にあります。
肉体面のエネルギーの回復には意識的に水を飲め
モチベーションを維持する秘訣は、4種類のエネルギーにあります。その1つである肉体面のエネルギーを回復させるのに水を飲むことの重要性について書いています。
80:20の法則で改善する食生活
モチベーションを高い状態でキープするには、食生活というのは非常に重要です。ただ完璧を目指すのではなく、80:20の法則で食生活を改善して下さい。
眠る時間帯によってモチベーションレベルは変化する
高いモチベーションをキープする為に、睡眠時間だけでなく、どの時間帯に眠るかも非常に大切な問題である。
4時間おきの「うたた寝」はモチベーションのキープにつながる
最高のパフォーマンスを発揮するには、エネルギーの消費と回復のバランスが重要です。4時間おきぐらいに「うたた寝」はモチベーションキープに役立ちます。