成功できない人の共通点

「明確にすること」 数多くの本にも書かれていて 冒頭の3つも間違いなく効果がある方法でしょう。 なのに 紙に書いても、、、 声に出しても、、 日付を入れても、、、 夢や目標を達成している人が少ないのが現実。 (統計では3%という数字が出ています) なぜ、これらをやっても ほとんどの人が達成できないのか? それは、もうひとつ「ある」ことが 明確になっていないからです。 それは何か? 続きはこちら ↓ http://directlink.jp/tracking/af/520975/AK3nBlwl/

肉体面のエネルギーの要素

 

私たちの肉体面のエネルギーは酸素とブドウ糖の相互作用から生まれます。

 

ブドウ糖は、炭水化物(ご飯、パン、麺類、砂糖、果糖etc)が体内に入ってきたときに、分解されて作られます。それを原料として、酸素によって燃えることでエネルギーを作り出します。これは、わかりやすく言うと、ガソリンを燃やしてエネルギーに変え、車が動いている原理と全く同じです。

 

ただ、これはあくまでも体の中で起きている化学反応の話です。

 

 

実際の生活面では、「呼吸パターン」「どんなものをいつ食べるか」「睡眠の質と量」「1日の間にどの程度の周期で回復の機会をもつか」「健康状態は」といった要素で貯蔵されるエネルギー量が決まってきます。

 

肉体的なエネルギーの消費と回復にリズミカルなバランスがとれていると、エネルギーの貯蔵量もある一定に保たれるのです。

 

自分にとって快適な範囲を超えて頑張り、その後に回復の機会を持つと、エネルギーの貯蔵庫自体の大きさを広げることができます。

 

ここで大切なことは、しっかりと回復の機会を持つことです。これを忘れて、頑張り続けると、オーバーヒートしてしまい、今度は逆にモチベーションが戻ってこなくなるのです。

 

常に消費と回復のバランスを意識して、頑張ることを忘れないで下さいね。

 

 

 

 

ビジネスに使える「心理学・脳科学教室」

〜身につければ人生が変わります〜

 

 

仕事をロールプレイングゲームのように楽しむ方法は?
AKB総選挙で起きたバンドワゴン効果とは?
脳科学と心理学が人生に役立つ理由とは?
エヴァンゲリオンと「ドーパミン」の関係とは?
ジャパネットたかたにみる「オマケ・無料効果」とは?
ドーパミンの過剰な分泌が「依存症」になる理由とは?

 

本講座は全10回が全て無料で受講できるようになっています
講座を受講してもメールの解除はいつでもできるようになっています

 

 

モチベーションを保ち続ける為に肉体面のエネルギーを保つ方法関連ページ

もっとも基本になる肉体面のエネルギー
モチベーションを維持する為に、労働者に限らず、デスクワークの人でも、最も基本となるのは、肉体面のエネルギーなのです。
呼吸を学んでモチベーションアップ
モチベーションを高め安定させるために、呼吸をコントロールすることです。呼吸が、肉体面のエネルギーの基本になるからです。
適度な食事がモチベーションを継続させる
モチベーションを継続する為に、まず空腹は論外ですが、食べ過ぎもマイナスをもたらす。適度な食事量が大切なのです。
朝一番のモチベーションアップの秘訣は
朝一番、モチベーションを高めるには、まずは何かエネルギーに変わるものを食べることです。理想は、消化がよい果物などの果糖が理想的ですね。
肉体的なエネルギーを最大にするには空腹でも満腹でもダメなんです
肉体的なエネルギーを最大にして、モチベーションをキープするには、ローカロリーで栄養価の高い食事を1日に5〜6回摂るのが理想なのです。
空腹度チェック
モチベーションを維持する秘訣は、4種類のエネルギーにあります。その1つである肉体面のエネルギーは適度な食事の量が大切なのです。
肉体面のエネルギーを最大化する食生活
モチベーションを維持する秘訣は、4種類のエネルギーにあります。その1つである肉体面のエネルギーのポイントは食事の摂り方にあります。
肉体面のエネルギーの回復には意識的に水を飲め
モチベーションを維持する秘訣は、4種類のエネルギーにあります。その1つである肉体面のエネルギーを回復させるのに水を飲むことの重要性について書いています。
80:20の法則で改善する食生活
モチベーションを高い状態でキープするには、食生活というのは非常に重要です。ただ完璧を目指すのではなく、80:20の法則で食生活を改善して下さい。
モチベーション維持の為の理想的な睡眠時間と死亡率の関係
モチベーションを維持する秘訣は、睡眠時間のとり方が大きく関係しています。しかも、睡眠時間は死亡率とも関係しているのです。
眠る時間帯によってモチベーションレベルは変化する
高いモチベーションをキープする為に、睡眠時間だけでなく、どの時間帯に眠るかも非常に大切な問題である。
4時間おきの「うたた寝」はモチベーションのキープにつながる
最高のパフォーマンスを発揮するには、エネルギーの消費と回復のバランスが重要です。4時間おきぐらいに「うたた寝」はモチベーションキープに役立ちます。