成功できない人の共通点

「明確にすること」 数多くの本にも書かれていて 冒頭の3つも間違いなく効果がある方法でしょう。 なのに 紙に書いても、、、 声に出しても、、 日付を入れても、、、 夢や目標を達成している人が少ないのが現実。 (統計では3%という数字が出ています) なぜ、これらをやっても ほとんどの人が達成できないのか? それは、もうひとつ「ある」ことが 明確になっていないからです。 それは何か? 続きはこちら ↓ http://directlink.jp/tracking/af/520975/AK3nBlwl/
 

呼吸が支える肉体面のエネルギー

 

日常生活において、「息をすること」について、事細かに考える人はそういないのではないでしょうか?しかし、呼吸が肉体面のエネルギーに大きく関係していることは、まぎれもない事実です。

 

呼吸について考えてみると、当たり前のようにある酸素を重要だと実感するのは、溺れたときか肺気腫などの病気で、呼吸ができなくなったときぐらいかもしれませんね。

 

自分の呼吸に変化が現れても気づいていないのではありませんか?

 

 

例えば、心配になったり、怒ったりすると、呼吸は速く、浅くなります。
これは、突然の脅威にすばやく反応するためです。
身を守る為の本能ですね。

 

ところが、こうした呼吸パターンは、短時間でエネルギーを消費してしまうために、頭脳面や情動面での均衡を保つ能力が十分に発揮できなくなってしまうのです。すると、さらに怒りが増幅されるという、悪循環を引き起こしてしまいます。

 

不安や怒りを鎮めるためには、「深い腹式呼吸」をするのがいいというのは理論的な根拠があること。

 

呼吸をうまくコントロールすれば、自分をうまく制御できるし、やる気を引き起こすこともでき、深いリラックス状態になることも可能。

 

3秒かけて息を吸い込み、6秒かけて息を吐き出せば、
覚醒レベルを低くし、体だけでなく頭脳や情動の面においても、
落ち着いた状態を作りだすことができるのです。

 

深く、静かで、リズミカルな呼吸は、
リラックスした平穏な状態の土台であり、
エネルギーや集中力の源泉でもあります。

 

良い呼吸は健康を支える究極の波動だといえるのです。

 

 

 

 

 

 簡単なお小遣い稼ぎから、自由な人生を手に入れるまで幅広く、
 パソコン1つあれば世界のどこにいても稼げる方法を丁寧に解説。

 

  現在、期間限定で、
  「モチベーション管理」の音声
  「Twitterをビジネスに活かす方法」のレポート
  「情報ビジネスの基礎知識」の音声とレポート
  をプレゼントしています。

 

 さらに、脳科学やビジネスのレポートも製作中です。
 興味のある方は下記から無料講座に登録しておいて下さい。

 

 

呼吸をコントロールすることがモチベーションアップの基本につながる関連ページ

もっとも基本になる肉体面のエネルギー
モチベーションを維持する為に、労働者に限らず、デスクワークの人でも、最も基本となるのは、肉体面のエネルギーなのです。
肉体のエネルギーを貯蔵するための要素
モチベーションを維持する為に、肉体面のエネルギーを貯蔵する必要があります。それには、様々な要素が絡み合ってくるのです。
適度な食事がモチベーションを継続させる
モチベーションを継続する為に、まず空腹は論外ですが、食べ過ぎもマイナスをもたらす。適度な食事量が大切なのです。
朝一番のモチベーションアップの秘訣は
朝一番、モチベーションを高めるには、まずは何かエネルギーに変わるものを食べることです。理想は、消化がよい果物などの果糖が理想的ですね。
肉体的なエネルギーを最大にするには空腹でも満腹でもダメなんです
肉体的なエネルギーを最大にして、モチベーションをキープするには、ローカロリーで栄養価の高い食事を1日に5〜6回摂るのが理想なのです。
空腹度チェック
モチベーションを維持する秘訣は、4種類のエネルギーにあります。その1つである肉体面のエネルギーは適度な食事の量が大切なのです。
肉体面のエネルギーを最大化する食生活
モチベーションを維持する秘訣は、4種類のエネルギーにあります。その1つである肉体面のエネルギーのポイントは食事の摂り方にあります。
肉体面のエネルギーの回復には意識的に水を飲め
モチベーションを維持する秘訣は、4種類のエネルギーにあります。その1つである肉体面のエネルギーを回復させるのに水を飲むことの重要性について書いています。
80:20の法則で改善する食生活
モチベーションを高い状態でキープするには、食生活というのは非常に重要です。ただ完璧を目指すのではなく、80:20の法則で食生活を改善して下さい。
モチベーション維持の為の理想的な睡眠時間と死亡率の関係
モチベーションを維持する秘訣は、睡眠時間のとり方が大きく関係しています。しかも、睡眠時間は死亡率とも関係しているのです。
眠る時間帯によってモチベーションレベルは変化する
高いモチベーションをキープする為に、睡眠時間だけでなく、どの時間帯に眠るかも非常に大切な問題である。
4時間おきの「うたた寝」はモチベーションのキープにつながる
最高のパフォーマンスを発揮するには、エネルギーの消費と回復のバランスが重要です。4時間おきぐらいに「うたた寝」はモチベーションキープに役立ちます。