モチベーション管理と脳の知識を学びませんか

スポンサードリンク

 

エネルギーは使い過ぎても

使わなくてもなくなってしまう

 

 

エネルギーが無限にあるのは当たり前とでも思っていませんか?

 

そんな馬鹿なことはないのです。

 

 

 

実際、やらなければならないことが増えてくると、
エネルギーはどんどん不足してきます。

 

当然、年齢と共に失われていくのも事実です。

 

だからこそ、補給してやらないと出て行く一方になのです。

 

「肉体面」「頭脳面」のエネルギー量はトレーニングをすることで、
年齢に伴う減少のスピードを遅らせることができます。

 

「情動面」「精神面」に関しては、
年齢関係なく増やすことができるのです。

 

 

ところが極端な生活をしてる場合は、
例えば、消費ばかりで回復する機会がない場合、
回復ばかりでほとんど使わない場合です。

 

 

疲れ果てて倒れてしまうか、燃え尽きるか、
逆に退化するか、情熱を失うかしてしまい、
最悪、若くして死に至ることもあります。

 

 

一般的には、回復の機会を持つことが、
パフォーマンスを持続するのに不可欠なものと考えずに、
弱さの象徴のように考える傾向が存在します。

 

 

個人レベルでも、会社レベルでも、
回復の機会を増やし、エネルギー量を増やしていく必要性について、
全く考えられていないのが現実といえます。

 

エネルギーを管理し、消費と回復のバランスをとることで、
あなたのパフォーマンスはどんどん向上していくのです。

 

モチベーションをキープし続けることが可能になります。

 

 

 

ビジネスに使える「心理学・脳科学教室」

〜身につければ人生が変わります〜

 

 

仕事をロールプレイングゲームのように楽しむ方法は?
AKB総選挙で起きたバンドワゴン効果とは?
脳科学と心理学が人生に役立つ理由とは?
エヴァンゲリオンと「ドーパミン」の関係とは?
ジャパネットたかたにみる「オマケ・無料効果」とは?
ドーパミンの過剰な分泌が「依存症」になる理由とは?

 

本講座は全10回が全て無料で受講できるようになっています
講座を受講しても解除はいつでもできるようになっています

 

 

 

スポンサードリンク