モチベーション管理と脳の知識を学びませんか

スポンサードリンク

 

エネルギー量はトレーニングで増やすことができる

 

 

 

ストレスは悪いものと考えられ、私たちの敵として思われていますが、
うまく使えば、それは私たちを成長させてくれる素晴らしいものなのです。

 

筋肉を強くする為には、段階を踏んで負荷(ストレス)をかけ
通常レベル以上のエネルギーを使うことが必要です。

 

 

 

 

 

 

その後、顕微鏡で見てみると筋肉線は断裂しています。
トレーニングが終わった後、筋肉の機能は低下しているということですね。

 

さらにその後、筋肉を24〜28時間休ませて回復をはかると、
以前よりも筋肉は増強し、次に刺激を与えたときには、
前よりも強い負荷に耐えられるようになるのです。

 

 

この原理は肉体的なトレーニングに使われるものだが、
私たちの人生のあらゆる面における筋肉と呼べる

 

【共感能力・忍耐力・集中力・創造性・誠実さ・責任感】

 

などの強化にも応用できます。

 

 

肉体に適用できることは、人生のそれ以外のことにも、
同じように適用できるというわけです。

 

 

 

ビジネスに使える「心理学・脳科学教室」

〜身につければ人生が変わります〜

 

 

仕事をロールプレイングゲームのように楽しむ方法は?
AKB総選挙で起きたバンドワゴン効果とは?
脳科学と心理学が人生に役立つ理由とは?
エヴァンゲリオンと「ドーパミン」の関係とは?
ジャパネットたかたにみる「オマケ・無料効果」とは?
ドーパミンの過剰な分泌が「依存症」になる理由とは?

 

本講座は全10回が全て無料で受講できるようになっています
講座を受講しても解除はいつでもできるようになっています

 

 

 

 

スポンサードリンク