モチベーション管理と脳の知識を学びませんか

スポンサードリンク

 

人を殺さない程度の不幸が

人をより強くする

 

 

 

 

これは、ドイツの哲学者ニーチェが言った言葉です。

 

 

 

 

肉体面のエネルギーが負荷(ストレス)をかけ、
その後回復させることで強くなるように、
情動面・頭脳面・精神面のエネルギー
全く同じ方法で増やすことができます。

 

まさに、ニーチェはこのことを言い表しているのです。

 

不幸とは負荷(ストレス)のことですね。

 

 

筋肉に普段どおりの負荷(ストレス)しか与えないのであれば、
いつまでたっても筋肉は強くなりません

 

筋肉以外のあらゆる面においても、なかなか強くできないのは、
ちょっとつらさを感じただけでも、
あわてて負荷をかけるのを辞めてしまう人が多いからです。

 

これは絶対に頭に叩きこんでおいて欲しいことなのですが、
人間のあらゆる面において、
自分が不幸と感じるストレスは喜ぶべきことなのです。

 

そのストレスを感じた後に、適切な回復の機会を持てれば、
あなた自信の成長のチャンスが訪れるからです。

 

ビジネス社会に生きる人々の状況はスポーツ選手よりも厳しい。
だからこそ、計画的なトレーニング方法を学ぶことがより重要なのです。

 

 

ここでのポイントは適切な回復の機会です。

 

回復しなければ、ストレスはあなたに不幸をもたらすでしょう。

 

 

ただ、この循環を掴んでしまえば、
どんどん強くなり、不可能なことは無くなるに違いありません。

 

 

 

 

 

 

ビジネスに使える「心理学・脳科学教室」

〜身につければ人生が変わります〜

 

 

仕事をロールプレイングゲームのように楽しむ方法は?
AKB総選挙で起きたバンドワゴン効果とは?
脳科学と心理学が人生に役立つ理由とは?
エヴァンゲリオンと「ドーパミン」の関係とは?
ジャパネットたかたにみる「オマケ・無料効果」とは?
ドーパミンの過剰な分泌が「依存症」になる理由とは?

 

本講座は全10回が全て無料で受講できるようになっています
講座を受講しても解除はいつでもできるようになっています

 

 

 

スポンサードリンク