モチベーションアップを科学的にする方法

スポンサードリンク

 

質の高い習慣が最高のパフォーマンスを発揮する

 

 

 

 

 

 

 

私たちが日頃やっていることのほとんどは、
自動的に、無意識のうちに行われているものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間は「習慣の生き物」だと言えるのではないでしょうか?

 

 

ただ、それは良い部分でもあり、悪い部分でもあるのです。

 

私たちは、何かを変えようとするとき、
「意識してする努力」は長続きしないからです。

 

毎回考えて決断しないといけない行動は長くは続かない

 

習慣になっているからこそ、私たちは続けていけるのです。

 

 

例えば「歯磨き」という行動について考えてみましょう。
毎日する歯磨きは「よし、今日も磨くぞ」と、
一大決心してやるようなものではありませんよね。

 

 

小さな頃から毎日するのが当たり前として教えられたので、
大人になる頃には「習慣」となっているのです。
だから大人になる頃には自然に、ほとんど意識せずに歯を磨きます。

 

しかし、こうやって無意識に行動できる領域が増えてくると、
意識的な判断が必要なことに、集中的にエネルギーを注げるのです。

 

自分が大切だと思う価値基準に裏打ちされたことを習慣化することは、
最高のパフォーマンスを発揮するために、最も役立つことなのです。

 

 

ビジネスに使える「心理学・脳科学教室」

〜身につければ人生が変わります〜

 

 

仕事をロールプレイングゲームのように楽しむ方法は?
AKB総選挙で起きたバンドワゴン効果とは?
脳科学と心理学が人生に役立つ理由とは?
エヴァンゲリオンと「ドーパミン」の関係とは?
ジャパネットたかたにみる「オマケ・無料効果」とは?
ドーパミンの過剰な分泌が「依存症」になる理由とは?

 

本講座は全10回が全て無料で受講できるようになっています
講座を受講しても解除はいつでもできるようになっています

 

 

 

スポンサードリンク